出かける 買う

【南イギリス最大規模!】Ardinglyアンティークフェアで掘り出し物を見つけてみる

いほっち

アンティークマーケットに行きたい!

アンティークマーケットは古いものを大切にするイギリスならではのイベントで、ワクワクしますよね。

ロンドンにも人気のマーケットはありますが、郊外にはさらに超大規模で開催されています。

その中でも、比較的ロンドンから行きやすい、Ardinglyアンティークフェアをご紹介します!

ケンプトンアンティークマーケットの記事はこちら↓

【月2開催の巨大市!】ケンプトンマーケットで運命のアンティーク品を見つけてみる

続きを見る

Ardinglyアンティークフェアとは?

いほっち

読み方はアーディングリーです!

アーディングリーアンティークフェア、実は南イギリス最大規模!超大型アンティークマーケットなんです。

iacf(International Antique & Collectors Fairs)という、英国で7つもの大型アンテークマーケットを主催する団体によって運営されています。


世界中からアンティークのバイヤーやファンたちが訪れています。

ガトウィック空港やヨーロッパとイギリスをつなぐドーバー海峡からも行きやすいのも人気のポイント。


ロンドンからも電車や車で約1.5~2時間ほどと、とても行きやすいんです!
(詳しくは『行き方と注意点』の項目でご紹介します)

開催時期と入場料について

開催時期について

このようなスケジュールで開催されています。

頻度:1~2ヶ月に1度
だいたい1ヶ月に一度開催されますが、お休みの月もあります。

期間:2日間
平日の火・水曜日に開催される事が多いです。

※開催スケジュールは公式サイトから確認できますので、計画する際には確認してみてくださいね。

入場料について

このように、丸2日かけて開催されるArdinglyアンティークフェア。

1日目と2日目では入場料が異なりますので、チケットの入手方法と合わせてご紹介します。

開催日ごとのチケット代

1日目(9am - 5pm):£20 ※2日目の入場も可能

2日目(8am - 5pm):£5

※時期によって異なる場合がありますので、事前に公式サイトをチエックしてくださいね。

1日目は良いものが盛りだくさん、ということで入場料がお高いです。

バイヤーの方だけでなく、アンティークをこよなく愛する本気度の高い方は、初日を狙うのも良いかもしれませんね。


チケットの購入方法は主に2通り。

  • 当日に会場の入場口で購入
    →現金払いなので、現金をお忘れなく!
  • 事前に公式サイトから購入

チケットだけでなく、会場全体が現金文化ですので、忘れずに現金をお持ちくださいね。
(会場にATMもありますが、故障していることもありました…)

行き方と注意点

会場までの行き方

アーディングリーまでの行き方を、注意点とあわせてご紹介します。

最寄りの駅から会場までが離れているので、車を使える場合は車での来場が一番おすすめです。

例えばロンドンの中心地からだと、車の場合、1時間弱ほどで行くことができます。


電車の場合は、色々なルートがありますが、一例はこちらです。

  • 最寄り駅からタクシールート!
    London Blackfriars駅 → Haywards Heath駅(Thames link線で約50分)
    Haywards Heath駅 → 会場(タクシーで12~13分、料金は片道£13ほど)
  • 少し遠めの駅からバスルート!
    London Blackfriars駅 → Three Bridges駅(Thames link線で約40分)
    Three Bridges駅バス停 → The Gardeners Armsバス停(バスで約25分)
    The Gardeners Armsバス停 → 会場(徒歩約7分)
    ※ただし、バスの本数が少ないので注意!

②はバスの本数が少ないので、①の方が確実かと思います。

時間帯によって最適なルートは異なりますので、Google Mapなどのルート案内で事前にチェックしておくと安心です。

電車を利用の際はレールカードの利用がお得です。



注意点

ただ、上のルート①(最寄り駅からタクシールート)を使う場合、注意点があります。

行きは駅にタクシー乗り場があって安心ですが、反対に帰り、会場でタクシーが拾いづらい(ほぼ拾えない)のです!


その為、タクシー利用をご検討の場合、帰りのタクシーを事前に確保しておくことがおすすめです。
(その場で手配しようとすると、どこも空いていない事があるので、事前の予約が安心です。

タクシーの予約方法

以下の手順でタクシー会社に電話して、時間と場所を指定して帰りのタクシーを手配します。

1. Googleで「taxi near haywards heath」と検索。

2. 電話で、時間場所を指定して予約。


また、場所を指定する際、会場には駐車場がいくつかあります

↓こちらが駐車場のゲート名とそれぞれのポストコードです。場所の指定時にご活用ください。

・Prince's Gate:RH17 6TL

・North Gate:RH17 6TJ


※参考までに、今回わたしはHP Taxi'sという会社を利用しました。送迎料金もかからず、行きと同じ£13で利用できて助かりました。


行きのタクシーの運転手さん予約が可能か聞いてみるのも手だと思います。

Ardinglyアンティークマーケットに行ってみた!

現地の様子

というわけで、アーディングリーアンティークフェアに行ってきましたので、現地の様子を写真とともに紹介します!

最寄りのHaywards Heath駅に朝の9時過ぎに到着し、タクシーで向かいました。

駅にはタクシー乗り場があってスムーズです。料金は片道£13。

そして会場に到着!

さすが南イギリス最大というだけあって、会場はとにかく広い!

時代を超えてやってきた選りすぐりのアンティーク品が並んでいます。

アンティークのキャンドルスタンド、素敵です。

たくさんの種類を見比べられるのもアンティーク市の醍醐味。

中には興味深いお品も並んでいて、見て回るだけで楽しかったです。

こっちが聞きたい



あれは…

ランドセル!

そして数々の木彫りの熊たち。

懐かしいような看板やのれんなど、和な骨董品を揃えるお店もありました。

イギリスもアンティークもいいですが、日本の骨董品も魅力的ですよね。

会場は外だけでなく、いくつかの室内ブースもあります。

中に入ってみると…

ばーん

室内の方にも、ところ狭しアンティーク品が!

外の会場だけでもかなりの規模ですが、室内も合わせると回りきれないほど。

アーディングリーアンティークフェア、噂通りの大規模で楽しかったです。

後ろ髪を引かれながら会場をあとにしました。

(このあとタクシー難民になりましたので、上の「行き方と注意点」の項目に反省も含めてを残しました。電車でお越しの場合は参考になると思います)

おまけ:戦利品

今回出会えた戦利品たちをおまけでご紹介します。

食器ばかり。

右上の色付きグラスたちは、なんと6つセットで衝撃の1ポンド…!

ポートメリオンのJUPITER(茶色のお皿)と、可愛い色のウェッジウッド(右のお皿)がお気に入りです。

今回は食器ばかりになりましたが、ありとあらゆるカテゴリーのアンティーク品に出会える、素晴らしいマーケットでした!

おわりに

アーディングリーアンティークフェア、超大規模の楽しいアンティークマーケットでした。

電車の場合は工夫が必要ですが、ロンドンから短時間で行けるのも嬉しいところ。

歴史を超えてやってきた運命のアンティーク品に出会いに、ぜひ足を運んでみてください!

いほっち

アンティーク
買いだしたら
止まらない(字足らず)

  • この記事を書いた人

いほっち

イギリスに住んで8年目。 好きな食べ物はスイカ、特技はテトリスです。 ガイドブックには載っていないような、英国ライフをエンジョイする為のアイディアを【イギリス生活を豊かにする100のこと】として、1つずつ綴っていきます。 イギリスに住んでいる方やこれから住む方にとって、イギリスならではの生活を楽しむためのヒントになれれば嬉しいなと思っています!

-出かける, 買う
-, , , , , ,