出かける

【カフェがおしゃれ!】隠れ家的美術館ウォレス・コレクションで貴族の名品を鑑賞してみる

いほっち

芸術の秋!!

イギリスには無料で開放されている美術館がたくさんあるのがうれしいですよね。

実はガイドブックに乗っているような有名な美術館・博物館以外にも、入場無料のところはたくさんあるんです!

ロンドン中心地メリルボーンにひっそりと佇む、ウォレス・コレクションもそのひとつ。

まだ観光客にもあまり知られていないこの美術館は、おしゃれなカフェがあり、地元で人気の穴場的スポットです

本日はそんな知る人ぞ知る美術館、ウォレス・コレクションを紹介します!

ウォレス・コレクションとは?

ロンドンのメリルボーンに位置する、ウォレス・コレクション(The Wallace Collection)。

1776-8年頃に建てられた約250年もの歴史あるお屋敷で、短期間スペイン大使館として使われたあと、貴族ハートフォード家が購入して住んでいた歴史があります。

歴代のハートフォード侯爵はたくさんの芸術品をコレクションしており、それらはリチャード・ウォレスさんに相続。

そしてリチャード亡き後に、ご婦人によって美術品がイギリス政府に遺贈され、美術館としてオープンされたのです。


歴史ある建物は内装が美しく、豪華なコレクションは見ているだけで楽しいです。さらに中庭にあるカフェがとってもおしゃれ!

それで入場無料だなんて、行かない手はありません!

The Wallace Collection

Map:Hertford House, Manchester Square, London W1U 3BN

URL:https://www.wallacecollection.org/

営業日:無休、10:00–17:00

入場:無料
※コロナ中の対応:公式サイトより予約が必要。(美術館入り口で名前・電話番号を記入して入場も可能)

いほっち

おしゃれカフェセンサー反応!

ウォレス・コレクションに行ってみた!

貴族が住んでいたというだけあり、お屋敷はまさに豪華絢爛そのもの。

入り口を入るとすぐにきらびやかな内装が目に入り、心ときめきます。


各お部屋を回っていくと、貴族たちが集めた自慢の名品が展示されていて、見ごたえ抜群です。

壁紙や天井などの内装の美しさも見どころのひとつ。

ゴージャスなデザインの美術品たちが並んでいます。

それぞれのお部屋ごとに色合いが違うので、回っていて飽きません。

絵画や美術品だけでなく、甲冑や盾などを展示するエリアなどもあり、本当に様々なコレクションを見ることができます。


館内全体はコンパクトな作りなので小一時間もあればぐるっとできると思います。

(現在はコロナの影響もあるのか、立ち入れないお部屋もありました。)

また、時期ごとの展示イベントも開催されています。

過去にはヴィンテージのハイヒール展なども開催されていたことも。(こちらは2年前、2019年のイベントです)

カラフルでユニークなデザインのハイヒールたち、とても可愛くて素敵でした。

様々なテーマで開催されていますので、公式サイトから気になるものをチェックしてみてくださいね。


見ておきたい作品

そんなウォレス・コレクションで、ぜひ見ておきたい作品がこちら!

フランスの画家、フラゴナールによって描かれた『The swing(ぶらんこ)』という名画です。

『塔の上のラプンツェル』のビジュアルイメージのベースとされ、『アナと雪の女王』でもアナがブランコをこぐシーンで登場している、とても有名な作品です。

やわらかく透明感のある色合いのなんとも優美な絵ですが、実はこちら、穏やかな場面ではありません。


ブランコをこぐ女性の左下、スカートを覗ける位置にいる男性が、女性の愛人

その男性の上にいるキューピットは口元に人差し指をあて、しーっと意味深なポーズをしています。

そして、そのうしろで一生懸命ロープをひき、ブランコを揺らしている初老の男性が、この女性の夫なのです。

夫側のキューピットたちは戸惑った表情をしていますね。

そう、実はこの絵、不倫現場を表しているのです。

脱げた靴」は奔放さやふしだらさの象徴なんだそう。

Great Galleryに展示されています。

中庭のカフェ


そしてそして、建物の中庭にはおしゃれなカフェがあります!

もともと中庭だった場所にガラス天井をつけ、カフェ&レストランとして営業しているんです。

天井から自然光が差し込み、開放的な空間が心地のいいカフェです。

ランチやアフタヌーンティーもできるということで、こちらのカフェのためにわざわざ美術館を訪れる人もいるほど!

ぜひ美術館を訪れた際には、カフェでのひとときも楽しんでくださいね。

The Wallace Restaurant

・営業:無休、10:00–17:00 (16:30 ラストオーダー)

・URL:https://www.wallacecollection.org/visit/food-and-drink/

 

おわりに

歴史ある建物と、貴族自慢のコレクションが無料で楽しめるウォレス・コレクション。

都会にひそむ隠れ家的な空間でゆっくりとした時間を過ごせる、癒やしの場所です。


ぜひ次のお出かけ先の候補に入れてみてくださいね。

いほっち

芸術と食欲の秋!


もし記事が参考になりましたら、下のバナーをクリックして応援してくれると、とってもうれしいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

  • この記事を書いた人

いほっち

イギリスに住んで8年目。 好きな食べ物はスイカ、特技はテトリスです。 ガイドブックには載っていないような、英国ライフをエンジョイする為のアイディアを【イギリス生活を豊かにする100のこと】として、1つずつ綴っていきます。 イギリスに住んでいる方やこれから住む方にとって、イギリスならではの生活を楽しむためのヒントになれれば嬉しいなと思っています!

-出かける
-, ,