出かける

【ショップも楽しい】ウィリアムモリスギャラリーで英国テキスタイルを愛でてみる

いほっち

イギリスのテキスタイルがかわいい!

英国ならではのテキスタイルデザイン、自然をモチーフにしたものが多く、とても可愛いです。

今日は、そんな英国テキスタイルを愛する方必見!

あのテキスタイルデザイナー、ウィリアム・モリスを愛でられるギャラリーをご紹介します!

ウィリアム・モリスとは?

ウィリアム・モリスは、19世紀に活躍したイギリスのテキスタイルデザイナー。詩人、思想家としても活躍していました。

彼の自然をモチーフとしたデザインは、現在まで色あせずに世界中で愛されています。

近代デザイン史上に大きな影響を与えていることから、「モダンデザインの父」とも呼ばれているのです。

ウィリアム・モリスギャラリーについて

どうやって行くの?

そんなウィリアム・モリスの生まれの家は、現在ウィリアム・モリスギャラリーとして残っており、作品や歴史が展示されています。

場所はというと、ロンドンの北東にある『Walthamstow(ウォルサムストウ)』エリアに位置しています。

ロンドンのVictoria駅からWalthamstow Central駅まで、Victoria線約25分。そして駅からは徒歩12分です。

実際に行ってみた!

ロンドン中心地からは少し遠出ですが、かわいいウィリアム・モリスのテキスタイルを本場で拝みたい!

ということで『William Morris Gallery』に行ってきましたのでご紹介します。



ギャラリーまではWalthhamstow駅から歩いて10分ちょっと。バス(97番)も出ているようです。

モリスが暮らした素敵なおうちに到着。

こじんまりした建物ですが、モリスの生涯やデザインが展示されており、見ごたえ抜群です。

ウィリアム・モリスが立ち上げたインテリア・生活用品のブランド、Morris & Co. の展示室。

イギリスのおうちに似合いそうな魅力的なファブリックがたくさん並んでいます。

すべて自然をモチーフとした柄。色使いや余白の使い方が美しく、うっとり。

人気のStrawberry Thief(イチゴどろぼう)柄も。

名前からして可愛いこのデザイン、イチゴをくわえた小鳥が描かれています。まさにイチゴどろぼう!



ウィリアム・モリスの描いた絵も展示されていました。

絵でありながら柄のようです。さすがはモリス氏。




ギャラリーをさらに進んでいくと、家族で楽しめるようなミニワークショップもありました。

モリス柄を模写できるコーナーも。記念に遊んでみるのも楽しいかもしれませんね。


展示室の所要時間は、じっくり見て小一時間くらいです。

階段やカーテンなどの細部まで可愛くて、英国らしいデザインに心躍る方に、ぜひともおすすめしたいギャラリーでした!



おみやげショップ

寄らずして帰れぬ、お楽しみのおみやげショップ。

ギャラリーを入るとすぐにショップなのですが、食らいつきたい気持ちを抑え、展示室後のお楽しみにとっておきました。

モリス柄の小物、かわいい!

イチゴどろぼう柄のクッションとブランケット、ポストカードなどを購入しました。

モリスゆかりの地で買えた小物たち、とてもいい記念になりました。大満足です。

カフェでひとやすみ

ギャラリーにはカフェも併設されています。

ガラス天井の爽やかな空間です。コーヒーや軽食がいただけるので、ひと休みにピッタリ。

たくさんの方で賑わっていました。

ガラス天井がモリス柄!!



さらにお手洗いの壁もウィリアム・モリスの柄だったりと、どこまでも可愛らしいギャラリーです。

おわりに

150年以上の時を経ても、ときめきを感じるデザインを作り上げるモリス氏。

ギャラリーで彼の背景やデザインをより深く知れて、一層ファンになって帰路についたのでした。

いほっち

すっかりモリスのとりこに!

  • この記事を書いた人

いほっち

イギリスに住んで8年目。 好きな食べ物はスイカ、特技はテトリスです。 ガイドブックには載っていないような、英国ライフをエンジョイする為のアイディアを【イギリス生活を豊かにする100のこと】として、1つずつ綴っていきます。 イギリスに住んでいる方やこれから住む方にとって、イギリスならではの生活を楽しむためのヒントになれれば嬉しいなと思っています!

-出かける
-, ,